meta name="keywords" content="カフェ,清澄白河,清澄公園,ランチ,スイーツ,リフレ,リフレクソロジー,アンティーク,デザイン,グラフィックデザイン,撮影スタジオ,ワークショップ,アロマ,リラックス" />
ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 感謝、そして皆さまへ。 | main | 花屋バタフライデコさんとの再会<2> >>
2020.07.14 Tuesday

花屋バタフライデコさんとの再会<1>

こんにちは。ashidaです。

 

この度の広範囲な豪雨により、被害にあわれた地域の

皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

まだ雨は降り続くようですね、、

命を第一にお気をつけてお過ごしください。

 

しばらく、オーナーも本業のデザイン仕事が忙しく

なりはじめ、キッチン担当だった私は

完全にマイホームキッチン担当として粛々と篭っておりました。

 

そんな頃、PORTMANS CAFEにて

オープン当初からコラボワークショップを

開催くださった清澄白河の花屋 バタフライデコのYOCOさんから

メールをいただき、再会することに。

そして、今更ながらですが

2回にわたって、バタフライデコYOCOさんとの

再会から過去LESSONを振り返り

ブログを綴らせていただきます。

 

 

 

20110829_821034.jpg

 

アンティークな雰囲気を気に入ってくださったYOCOさん、

オーナーのお仕事仲間のヘアメイクさんとモデルさんから

ご紹介いただきました。

 

カフェでありながら、人とモノがつながる場、を

コンセプトとしたPORTMANS CAFEで

2011年秋から念願の定期ワークショップ

PORTMANS FLOWER DECOがスタートしました。

↑上の画像が、当時のチラシイメージです。

 

当時の画像なので、粗いですがどうぞご了承ください。。

 

お酒を片手に、アンティークな空間で花々と触れあう

大人華LESSON。をコンセプトに

カフェならではのゆるく寛げるLESSONがスタート。

 

 

DSC_0096.jpg

 

アンティークなスーツケースや額に

溶け込むようなモダンなデザイン。

 

DSC_0103.jpg

 

アンティークな雰囲気と花々がマッチした

まるで、古いアパルトメントの花屋のような

この雰囲気が大好きでした。

 

DSC_0092.jpg

 

バタフライデコ YOCOさんの

花や器選びのセンス、お人柄が

PORTMANS にぴったりで、

開催当初からラストまでご参加いただいた

お客様もいらっしゃるほど人気でした。

 

そんなYOCOさんと

先週、清澄白河 ギフトラボガレージさんにて

ラストのLESSON開催となった3月から、

4ヶ月ぶりに再会できました。

 

テイクアウトでは時々いただいていましたが、

ギフトさんでのイートインもいつぶりか、

というくらい久しぶり過ぎて、

海老とカシューナッツのカレーに悶絶!

 

 

 

写真を撮り忘れましたが、

ライムとローズマリーのソーダも

爽やか過ぎて。

 

実は、YOCOさんとはお互いに忙しくて

レッスンの内容など実務的な話以外は

あまりゆっくりとお話ができることがなく、

なんと10年経った今頃、

YOCOさんの生い立ちを知ることに。。。

 

YOCOさん、

小さい時から、田んぼや草木、花々に囲まれた地で

(といっても東京近郊ですが)生まれ育ったそうで、

 

常に身近に花や草木という存在があり、

それらを使って遊んでいたそう。

 

それが、今のYOCOさんのお仕事に繋がっているなんて!

 

幼少期からアンティーク家具に囲まれ、

絵を描くことが大好きだったうちのオーナーもそうですが、

その人の生い立ちが現在の姿を

形づくっている、という人への憧れがある私は、

もっとワークショップを開催している間に

このストーリーをご参加の皆さまへ

伝えるべきだったなーと激しく後悔、、

 

という訳で、今までのFLOWER DECOアーカイブとして

YOCOさんの生い立ちも交えながら

LESSON PHOTOを次回ブログにて振り返りたいと思います。

 

<2>へ続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album